いとう薬局

広島市中区十日市町の栄養療法専門薬局です。

TEL.082-503-5520

〒730-0806

広島市中区西十日市1-27

保湿剤の選び方「春先のゆらぎ肌、肌荒れ」編

保湿剤の選び方「春先のゆらぎ肌、肌荒れ」編

そして1年のうち特に3〜5月の春が、このゆらぎ肌に最も気をつけたい時期この理由には春特有の理由があります。肌荒れ改善の方法をお伝えします。

春のゆらぎ肌の原因のまず1つ目は、気温差と空気の乾燥です。

春の天気は気まぐれ。汗ばむくらいの天気だと思っていたら、次の日には急にコートが必要なくらい寒くなることがありますよね。春は昼と夜の寒暖差も大きく、大きな気温の変化にお肌がついていけず、ゆらぎ肌を引き起こしてしまいます。

また空気の乾燥というと冬のイメージがありますが、実は春にやってくる移動性の高気圧は乾いた空気を持っており、冬よりも気温が上がって空気中の水分が蒸発しやすくなるため、冬と同レベルで空気が乾燥しやすい状態になります。

2つ目は紫外線の急増です。

春の太陽の光はぽかぽかとして気持ちいいですよね。ところが、3月頃から紫外線の量が急激に増え始めます。さらに、お肌のハリや弾力のもととなる細胞を破壊したり、メラニンを増やしてシミの原因を作ったりする紫外線A波は、春が1年で最も強いとも言われています。

3つ目は環境の変化によるストレス

新しいクラスでの生活、部署の配置換え、子供の入園・入学など、生活の変化がストレスの原因となります。上で紹介した不安定な気温・気候がストレスが原因となることもあるかもしれません。このストレスがホルモンや自律神経を乱れさせ、ゆらぎ肌を引き起こすのです。

 

そして最後が、花粉による外部からの刺激です。

春には花粉の飛散量が増え、花粉症のかたは、くしゃみや目のかゆみなどのアレルギー反応を起こすことがありますよね。お肌の上でも同じことが起きていて、アレルギー反応として、かゆみ、乾燥などの肌トラブルが起こります。

 

春のゆらぎ肌対策

春のゆらぎ肌対策として最も大切なのは、なんといっても保湿です!

保湿がされていない状態だと、お肌に本来備わっているバリア機能が崩れてしまいます。こうなってしまうと、上で紹介したような刺激に対して、すぐに肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

さらに、バリア機能が崩れると、お肌の新陳代謝であるターンオーバーの周期が短くなり、充分なバリア機能を持たない未熟な細胞が外界にさらされて、さらなる肌荒れを引き起こすという悪循環に陥ってしまいます。

毎日のスキンケアでお肌にしっかり潤いを届けてあげることによって、もともと自分自身のもつお肌のバリア機能を高め、お肌が生まれ変わる力をサポートしてあげましょう。

保湿だけでなく、バランスの取れた食事と充分な睡眠も重要です。さらに、上で紹介した紫外線A波はカーテンをすりぬけて家まで入ってきてしまうため、室内にいるときでもUVカットの化粧品などを使って紫外線対策をしてください。花粉症対策としては、花粉が吸着しやすい油分が多いファンデーションを避け、帰宅後はすぐにメイクオフしましょう。

また、通常のスキンケアでピリピリとした刺激を感じる場合は、バリア機能が乱れているサインです。この場合は、バリア機能の代わりになるワセリンなどの刺激が少ないものをお肌に塗るのもおすすめです。

皮膚科でよく処方されるのが、

ワセリンとヒルドイドソフト軟膏を、混合したものです。

乾燥・かゆみにはとても重宝されています。

春特有のさまざまな原因によって引き起こされる春のゆらぎ肌。つい頑張りすぎてしまうことの多い季節だからこそ、自分の身体としっかり向き合ってケアしてあげてくださいね。

 

いとう薬局オリジナル

春の肌のゆらぎ対策保湿グッズ商品がございます、

・ヒルドイドソフト軟膏とワセリン (店頭販売中)

・ヒルドイドソフト軟膏とオメガ369 (店頭販売中)

どちらもオススメです。ぜひお電話でお問い合わせください。

 

いとう薬局

営業日:火〜土 (休み:月・日・祝)

営業時間:9:00〜19:00

電話番号:082-503-5520

« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。