いとう薬局

広島市中区十日市町の栄養療法専門薬局です。

TEL.082-503-5520

〒730-0806

広島市中区西十日市1-27

夜中にふくらはぎをトントンしていませんか?

夜中にふくらはぎをトントンしていませんか?

一人暮らしの女性の方が、

ダルい重い改善のために、日中は弾性ストッキングを履いてお仕事されていらっしゃいました。

その方の悩みは下記の内容で、対策してはいるけれど改善されずに

家に帰ってくつろぐ時に足をトントンマッサージするのが日課でした。

 

1日の疲れのせいで、

ふくらはぎが

・とてもだるい

・重い

・にがる

・取ってしまいたい

・痛い

という症状に毎日悩まれ、

静脈瘤のせいであったり、

立ち仕事が多いせいであったり、

対策は夜にふくらはぎをトントンとして慰めていませんか?

(特に女性に多い印象を持っています。)

 

 

いとう薬局での提案は、

1日5分間の「足指のゆびのば体操」を家でしてもらい。

日中は「ゆびのばソックス」を履くだけ。

夜に(ベタつくけれど)筋肉を和らげる「マグネシウムスプレー」をふくらはぎに使っていただきました。

すると、

使った翌日から痛みは改善に向かい、今では履いていた弾性ストッキングなしで毎日を過ごされております。

 

なぜ、ふくらはぎに痛みを起こすのか?

今回の件は二つの事が重なっていると考えました。

・立ち仕事による筋肉疲労やリンパの流れの悪さ

筋肉疲労は、姿勢の悪さを改善すると疲労しにくくなります。

どうゆう順序で姿勢を直すかは、体の土台の足指機能(家で言う基礎部分)からよくして行きます。

そうすることで安定性が増します。

例えば、

ゴルファーの飛距離アップなどにも効果があるゆびのば体操、ゆびのばソックスを試すと

足の機能が回復・安定して、

より筋肉を無駄に使わずに済むことで、

疲れにくい体を手に入れる事ができます。

(靴を合わせるとより効果が出ますが、

今回の女性は仕事中靴は履かない環境でしたので体操と靴下だけのアドバイスで様子を見ました。)

・たぶん静脈瘤の影響によるリンパの流れの悪さ血管痛神経痛

医療機関ではこれらの痛みには、

痛み止め(ロキソニンなど)や

ビタミン剤(メコバラミン)で対応します。確かに効果はあります。

痛み止めは胃を悪くするのでとセットで胃薬を処方されます。

単純に薬の飲む量が増えてしまうという事がどうしても出てきまして、

薬が増えるという事は、肝臓や腎臓に負担を強いることになるので長期使用は避けたいところです。

今回の提案のマグネシウムスプレーは、上記の心配なく使えて、

実感いただけたように長時間持続するようです。

スプレーの匂いはラベンダーの香りなのでリラックス効果も期待。

痛み改善に加えて、筋肉のコリも同時に取る事が出来るメリットが多いと考えています。

さらに、皮膚を丈夫にするために、肌荒れなども予防出来ると考えております。

 

まずはお電話でご相談ください。

午前中はゆびのば体操セミナーを開いているので、電話繋がりやすいのはお昼の12:00〜15:00の間です。

 

関連商品:

ゆびのば体操セミナー、ゆびのばソックス、マグネシウムスプレー

 

« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。