いとう薬局

広島市中区十日市町の栄養療法専門薬局です。

TEL.082-503-5520

〒730-0806

広島市中区西十日市1-27

2017.06.27@広島備北腎と薬剤研究会のみなさんと

2017.06.27@広島備北腎と薬剤研究会のみなさんと

広島備北腎と薬剤研究会

広島備北地区の主要の病院薬剤師の先生方とパシャリ (2017.06.27)

なぜ写真の中心に私がいるかと言うと…

サプリメントの見分け方について講師としてお話しさせていただきました。

今回、お世話になっている先生への恩返しのつもりで 日々積み重ねた知識がお役にたてていただけるようにお話しをせねば!!と意気込みました(^o^)

実際にサプリに触れてもらい。

サプリの試食もしました。

五感を使って、臭い・大きさ・触感を皆さんと飲んでいただきました。

「天然物は合成物に比べてにおうな〜」と顔をしかめる方のいらっしゃったり、飲まずにコソッとお持ち帰りしたり、楽しい時間でした。

 

巷には色々なサプリがあり

目的も3つにわけられて

”健康維持””治療目的””謳っている程の効果なし”に分けれると思っています。

実際の話、一般の方々が良いサプリに出会うのはかなり難しい状況です。

私が芸北でアドバイスをさせていただいた方で、

治療目的で別のところで購入したが、

健康維持もしくは効果なし程度のサプリだったという経験がありました。

成分はもちろんですが、添加物にまでこだわった質の良いものを揃えるのは

とても大変な作業です。

質の良し悪しを問われる私たち薬剤師にとって必要なスキルをお話しできた会でした。

ご参加いただいた感想は、

・病院業務では触れない視点なのでとても刺激になりました。(女性)

・栄養素の勉強をどういった方法ですればいいのか?(女性)

・漢方と栄養の繋がりが知れて面白かった。(男性)

でした。

 

私は、栄養素やサプリの勉強を長年学んでまいりましたので、

感想にいただきましたことにお答えするために

広島市内で薬剤師向けに栄養素とサプリの勉強会を開いております。ご興味あればお電話ください。

病院・町薬局の隔たりなく学びの場を提供くださっている、
広島備北腎と薬剤研究会

私は3年前から情報交換の目的で、仕事終わり1:30かけて毎回楽しみに参加していました。

私の都合で広島市内開局になったので、当分は休みがちになることを伝えると、

薬局の取り組みを話してみないかとお誘いいただき 皆さんの前でお話しすることになり、写真の中心でパシャリ

いち町の薬剤師としては、臨床で実績を積まれている病院薬剤師諸先輩方と顔をみて話会える場がとても好きです。

薬剤師としての仕事の内、

生活者へ見える形として大きく分けるならば、病院と町とに分けられ、

それぞれの職は、生活者に対しての担う持ち場が違うので、

現場にいる薬剤師たちは、

それぞれの薬剤師が情報交換をして共に理解し合い

より良い環境を生活者に届ける活動が必要だと行動しております。

備北地区の薬剤師はぜひご参加になってみてはいかがでしょうか。
(研修シールはないけどね)

広島備北腎と薬剤研究会

の目的は

透析・腎移植を含めた慢性腎臓病(CKD)だけでなく、

急性腎障害や腎臓が未発達の未熟児、

CKD患者の大半を占める高齢者など

の薬物療法も含めた幅広い腎臓に関わる薬物適正使用の実践を推進する薬剤師を備北で育てる目的で集まっています。

ここで学んだこと活かして、

患者のアドヒアランス向上や

有効かつ安全な薬物療法

を提供できる薬剤師が、国民の保健・医療・福祉に貢献していくことを目的としています。

 

ホームページの更新を待つよりも、

直接お電話で連絡取られてください。

市立三次中央病院 薬剤科 中村先生

代表番号 0824-65-0101

« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。