いとう薬局

広島電鉄 十日市電停から徒歩3分
〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町1-27

お問い合わせはお電話で (082) 503-5520

先頭に戻る
違和感に関するブログ

違和感に関するブログ

2020/01/30 口唇ヘルペスを繰り返している人の特徴

頭・首

口唇ヘルペスは、ヘルペスウイルスが原因の感染症で、くちびるの周りに水ぶくれができる病気です。

水ぶくれが現れるのに先立ち、皮膚にピリピリ、チクチク、ムズムズなどの違和感、かゆみ、ほてり、痛みなどを感じることがあります。再発を繰り返している人は自分でわかることが多いようです。

かぜ をひいたり、ストレスや過労がたまったり、月経前後や強い紫外線を浴びたときなどに再発しやすいです。


Q. ヘルペスは人にうつしますか?

A.ヘルペスはうつります! 


ヘルペスは、非常に感染力の強い感染症であり、水ぶくれに直接触れたり、ときには水ぶくれがない場合でも患部に触れることで感染します。

家族とはタオルを別にしたり、コップも別にしたり、恋人とのキスもしないでください、赤ちゃんへ口移しでご飯をあげないようにしてください。

私たちは子供のころに多くはヘルペスウイルスに感染します。症状がなく気づかない場合もあるようです。

大人になってから初めて感染すると、症状が重いことが多く、再発を繰り返しやすいと言われています。


Q. では、ヘルペスと他のデキモノとの見分け方はありますか?

A.違和感と水ぶくれの大きさです。


水ぶくれ(湿疹)が出る前の肌には、ムズムズしたり、チリチリしたりといった違和感があります。

湿疹の形は、種まきしていっせいに芽をだしたように、同じ大きさの湿疹がパラパラと神経に沿ってでるのが特徴です。最初は、パラパラと集まって2,3個同じような大きさの水ぶくれができていればヘルペスの可能性が高いと私は思います。


Q. では、ヘルペスの治療法はありますか?

A.飲み薬、塗り薬が一般的です。


#1 飲み薬(商品名:ゾビラックス、バルトレックスなど)は、病院でもらってください。

#2 ぬり薬(医療用医薬品の商品名:アラセナ-A 軟膏、ゾビラックス軟膏など)は、薬局にあります。

#3 初期なら漢方薬もよく効きます。(初期とは、ムズムズしたり皮膚に違和感を感じた時が漢方を使うベストタイミングです。)


Q. ヘルペスを放っておくとどうなりますか?

A.水ぶくれがどんどん広がります。


二週間程度で治ると言われていますが、その二週間で顔に水ぶくれが広がり、見た目がひどいことになっちゃいます、放っておかず早くなおしましょう。

現在は、いい薬がありますので積極的に治しましょう。

平均すると年に 1~2 回の頻度で再発する患者さんが多いようです。

繰り返す自覚のある方には、外出する際のポーチに、漢方薬と塗り薬を必ずいれておかれることをオススメしています。


Q. 私は2、3ヶ月に一回できちゃうんですこれは大きな病気が隠れているサイン?

A.気になっているなら まずは病院に相談を。


この方の唇をごらんください、「ヘルペスが治らない」と相談にこられた男性。繰り返したものが実はガンだった!というびっくり症例。「もしや!?」と思いすぐに病院へ紹介しました。当日すぐに病院へ行ってもらい初期のガンとわかり後日手術をすることになり、患部は初期だったので摘出だけで手術は終わり、患者さんから大変に喜んでいただけたことがありました。

ですので、繰り返す時はお気をつけください。


Q. 気をつけます、その他ではなりやすい人の特徴は何かありますか?

A.女性の特徴は、有経女性。そして、肌が色白、体の線が細く、冷え性だと私は思います。


Q.女性に多いのはどうしてでしょうか?

A.男性に比べて血が薄いのが特徴です。


女性の中でも血が薄い方が繰り返しなりやすいのが特徴です。

血が薄いと免疫力が追いつかないので、疲れなどで免疫力が落ちると症状が出てしまい繰り返してしまうのだと考えています。

血が薄いと、冷え症だったり、細身であったり、生理前や生理中にイライラしたり、ふとした時にめまいがしたり、これらが血の薄いかもと思わせる代表的な症状です。


Q.では、血を濃くするにはどうしたらいいのでしょうか?

A.まずは、ビタミンCを薬局でお買い求めください。


血を濃くするための栄養素を体に入れやすくするために。まずは、ビタミンCを薬局でお買い求めください。それを毎日こまめに食後も食後以外にも取ることをオススメしております。ビタミンCを取ることで栄養素が体に入りやすくなります。

血を濃くするのは鉄分ですが、ヘルペス症状がある時に鉄分サプリは症状を悪化させます。

症状がいま出ているのであれば、塗り薬・飲み薬も一緒にお買い求めください。併用してもらっても大丈夫です。


Q.まずはサプリを使うということですね

A.サプリを摂って、しっかり休養が大切です。


サプリは、足りていない栄養素を体に取り込むための効率のいい道具です。

免疫力が回復するまでの間、ヘルペスを繰り返さないために、サプリの補充は必須と私たちは考えています。

ここで、よく相談される総合のビタミンB剤について補足します。総合ビタミンB剤をすでにお使いの女性は多いですが、これだけでは効果が薄く、繰り返してしまうことが多いようです。総合ビタミンB剤は、ニキビ予防にはなりますが、ヘルペス予防にはなりにくいです。ヘルペス予防は、血を濃くすることです。(WHOは血を濃くすることは、食事だけでは無理だと提唱しています。)サプリメントを使いながらしっかりと血を濃くしてください。

いとう薬局では、血を濃くするサプリメントを常時置いております。

電話相談も承っております。ご相談ください。

(082)503-5520 

火曜-土曜 9:00~19:00
定休日:月曜/日曜

来店予約

ご相談のながれ

痛みについての
ご相談なら

ご相談者全員にプレゼント

痛みを抱えてお悩みのあなたに。根本治療のためのヒントをまとめた小冊子をプレゼント

(082)503-5520
火曜-土曜 9:00~19:00
定休日:月曜/日曜

来店予約

ご相談のながれ

小冊子