いとう薬局

広島市中区十日市町の栄養療法専門薬局です。

TEL.082-503-5520

〒730-0806

広島市中区西十日市1-27

ゆびのば

もっと足指を広げて伸ばすために

早くて高い効果のあるゆびのば体操と、

これから紹介する方法やグッズを併用すれば、

さらに早く効果が出ること間違いありません。

足指にいい「小股歩き」をしよう

 

今井一彰医師考案の「ゆびのばソックス」

5本指ソックスは最近では、とても人気があります。

5つのメリット

・ふんばりが効きやすい

・指が動かせて気持ち良い!(血行もよくなる)

・ムレにくいから臭い対策になる!

・ムレにくいから水虫対策にもなる!

・外反母趾によい!

 

ソックスの履き方

ゆびのばソックスは類似品にご注意ください。

ゆびのばソックスは、足指を広げるための特許取得商品です。

正規取扱店のいとう薬局でのお求めをお勧めします。

メール・電話注文もお受けしております。

 

いとう薬局では、

足指の測定を行っております。

適切なソックス選びのアドバイスを行っております。

合わせて、足指フットチェックを無料で行っております。

靴ひもの通し方・結び方

準備中@@@@

 

やっていませんか?

足指に悪い8つの習慣

↑ 01:サンダルの問題点


↑ 02:草履の問題点

今井先生の足指に関する薬局オリジナル動画の続き13種類を

ご覧になりたい方はメールを登録をお願いします。

 

 

 

足指広げる「ゆびのば体操」

あなたの足の形はどれですか?

「足の悩み」を抱える人が増えています。

三角形の足や棺桶型の足では、

足指は悲鳴をあげるしかありません(ToT)

足指の変形が

足の悩みに繋がります、

足の悩みには、

・外反母趾、

・巻き爪、

・O脚、

・膝や腰の痛み、

・肩こり

など様々です。

足の悩みを解消するには、

足指を広げて、伸ばしましょう!

足指を広げる体操をお伝えします。

足指を広げるには、

「ゆびのば体操」が最もかんたんに始められます。

足指の変形を整える方法は、

シンプルで驚くほどかんたんです。

それが、「ゆびのば体操」です。

1日5分毎日お続けください。


ゆびのば体操の 5ステップ

(OKとNGを載せますので参考にされてください。)

 

ステップ1 〜足の組み方〜

イスまたは床の上に座り、片方の足を太ももの上に乗せます。

イスは浅く腰掛けると、足が乗せやすいです。

↑くるぶしが太ももより外側になるように組むと、ストレッチ効果が高いです。

↑これは、NGの足の組み方です。

 

ステップ2 〜足と手の合わせ方〜

↑手の股(水かき)に、足指の先を引っ掛けるように添わせます。

 

↑これは、NGの足の組み方です。 指がズボッとはいっている

↑これは、NGの足の組み方 上から見た状態です。

 

ステップ3 〜手の力加減〜

↑引っ掛けた指で足指をフワッと真綿で包むような、卵をやさしく包み込むようなイメージ

↑これは、NGの足の組み方です。 手に力がギュッと入りすぎています。

 

↑手をやさしく握る。 フワッと卵を包み込むような感じで握ってください。

 

ステップ4 〜足指を反らす 広げて伸ばす〜

↑足指を、甲の方へ反らす。 ひじを広げることで圧をかけてください。

↑加圧は、決して手首でこねないようにしてください。

↑やさしくゆっくり行ってください。

↑これは、NGの足の組み方です。 手に力がギュッと入りすぎています。

↑これは、NGの足の組み方です。 手に力がギュッと入りすぎています。

(ひじでの加圧と違い)  手首でギュッとしている状態です。

これでは足指は広がっていきません。

 

ステップ5 〜足指を曲げる 広げて伸ばす〜

↑足指を、足裏の方へ曲げる。

↑ひじの力で曲げてください。 決して手首でこねないようにしてください。

↑やさしくゆっくり行ってください。

 

ステップ4・5を繰り返します。

両足で1日5分行ってください。

足を組む際、関節が硬い・痛みがあってできそうにないなら、

次の方法をお試しください。

↑太ももの下側に足をもぐらせる方法。

↑上から見た図

↑足指を、甲の方へ反らす。 ひじを広げることで圧をかけてください。

足が組みにくい方、足が痛い方向け

床に座って行う 3つの方法。

〜その1〜

↑床の上でも行えます。

太ももの上に乗せる方法。

壁などにもたれるとやり易いです。

足指への握り方や力加減はイスに座ってする方法(ステップ2~5)と同じです。

 

〜その2〜

↑太ももの下を通して行う方法。 

↑ひじを広げる力で足指に圧をかけていきます。 その際、背中を丸めると行い易いです。

↑ひじの力で曲げてください。 決して手首でこねないようにしてください。

 

〜その3〜



↑お姉さん座りで行う方法。

↑ひじを広げる力で足指に圧をかけていきます。 その際、背中を丸めると行い易いです。

↑ひじの力で曲げてください。 決して手首でこねないようにしてください。

 

ゆびのば体操は早くて高い効果が期待できます。

これから紹介する方法やグッズを併用すれば、

さらに早く効果が出ること間違いありません。

・後ろ姿が美しくなる小股歩き

・ゆびのば体操を考案した今井一彰医師推薦の五本指ソックス ゆびのばソックス

・靴ひもの通し方、結び方

 

 

足指についてお悩みの方は、

いとう薬局へ

ぜひお電話でご予約ください。

電話 082-503-5520

営業時間:火曜〜土曜 9:00〜19:00

休み:月、日、祝日

痛み相談会のお知らせ

もしあなたが、

膝・腰の痛みで

痛み止め薬や湿布を

使っているなら

ご自身の足指をご覧ください。

足がしっかり広げると、

膝や腰の痛みは軽くなり、

痛み止め薬や湿布は使う回数が激減します。

リウマチや外反母趾などで悩んでいる方でも対策があります!

 

改善方法をお伝えする、無料相談会を開催します。

ご予約ください。

開催日時は、

2019年 4月

23日 (火) 13:30 〜 15:00

24日 (水) 13:30 〜 15:00

25日 (木) 13:30 〜 15:00

ゆびのばソックス&ゆびのば体操

痛みや姿勢のゆがみが気になっているなら、

足の専門家のゆびのば認定アドバイザーのいる いとう薬局 にご相談ください。

営業時間:9:00〜19:00

休日:月・日・祝祭日

電話番号:082-503-5520

 

背中の見た目が変わる

今回は、以前紹介した女性のその後

後ろ姿を見比べて印象はいかがでしょうか。

左は、2017年12月。右は、2018年10月

右と左を比べると、

頭の傾き、肩の湾曲、腰の傾き、

右足の外への広がりがなくなり、まっすぐになって改善していらっしゃいます。

この女性は、右膝は変形性ひざ関節と医師から告げられています。

変形している膝でも、まっすぐになっています。驚きです!!

 

↓中心に線を引くと よりわかりやすくなります。

右の一年後は頭、背骨、内股ラインが線にそって良くなっています。

右の膝が外へ曲がってきているのを気にされていたのが、いつの間にかまっすぐになっておられます。

娘さんやデイサービスの職員さんから、「最近元気になったね」「姿勢が良くなったね」と言われたの ♪ と大変喜ばれていらっしゃいました。

 

まとめ、

姿勢をよくするために、

痛みを我慢するストレッチをこともないですし、

高価な器具を買う必要もありません。

ゆびのば体操をして、大人の方はゆびのばソックスをお履きください。

 

足指が良くなると、姿勢が変わり

姿勢が変わると、足・腰・肩のコリも変化していきます。

症状は年齢のせいではないようです。

この女性のように膝関節の変形でも改善します。

 

ご自分の膝や腰の痛みが気になる場合、

足指の変形が原因です。

この足指の変形を確認するために無料の「フットチェック10分間」を

いとう薬局ではご希望の方に提供しております。

足の変形の他に、痛みについてのご相談を受け付けております。

お気軽にお立ち寄りください。

薬塾広島

ようこそ薬塾広島へ

この勉強会の対象薬剤師は、かかりつけ薬剤師(生活者のよりよき相談者になることがやり甲斐と感じれる)先生方をメインターゲットにした教育プログラムです。

 

参加いただいた先生から参加した感想

「医学教科書の内容が頭でイメージできるようになったので自信を持って説明できる。」女性薬剤師

「困っていた、地域の活動でお話しするネタがいっぱいいただけた。」男性薬剤師

「忘れやすい私としては一回だけの勉強会とは違って、繰り返しお話しいただけるので参加するたびに理解が深まる。」女性薬剤師

このようなコメントを複数いただいております。

 

なお、本会は2013年よりスタートして年に6回のペースで勉強会を開いております。

過去のプログラムのDVD+配布資料についてはこちらをご覧ください。

講師:


中川茂男講師、小池雅美医師、中村真弓歯科医師、その他現場で活躍されている講師をお迎えしてご講演いただいております。

医師・歯科医師・医学研究者の色々な視点を学べます。

コンセプト:

卒後教育の場として体の仕組みを学び、薬学と結びつける。

学ぶ中で体と医薬品との関わりを理解し自分で組み立てることが出来るようになること。

それには、医薬品・サプリメントなど薬局で取り扱うもの全てに精通する必要がある。

具体的な症例や、具体的なアクションプランを例にしながら学べる場とする。

目標:

私たち薬剤師が体について効率よく理解し、

既に手に入れている薬学的知識と統合し、

それを元に生活者に行動してもらえるように援助すること。

講座でやって行きたい事を講師の私(中川茂男)はどう考えているか。

中川講座が目指したい事  広島

 

薬剤師のための ”薬剤師 業務支援プログラム”です。