いとう薬局

広島市中区十日市町の栄養療法専門薬局です。

TEL.082-503-5520

〒730-0806

広島市中区西十日市1-27

グルコサミン

グルコサミンで効果がなかった方!必見

胃で溶けないものは効かない!

安心グルコサミンは第三者機関(国民生活センター)で医薬品の試験方法を用いて

胃で溶けることが確認されています。

グルコサミンとコンドロイチンとMSMとクルクミンの組み合わせは、

関節軟骨の修復

関節の痛みと炎症の緩和

運動後の筋肉痛と疲労感を軽減する

を目的とした商品です。

さらに、5種類のビタミンと2種類のミネラルを含みます。

 

注目成分 MSM(イオウ含有成分)

アメリカにおけるMSMの健康補助食品としての活用分野は、

①関節の痛みと炎症の緩和、

②美容(髪・爪・肌)、

③解毒・抗アレルギー作用(花粉症やアトピー)

などが挙げられています。

特に関節痛の緩和は、従来の素材であまり効果が見られなかった炎症性の関節炎(リウマチなど)の痛みや炎症の緩和にも効果的と言われています。

「ふしぶしの違和感とうまくつきあいたい!」とお考えならMSM入りを
ふしぶしの違和感は、40歳ぐらいの中年以降に増加すると言われております。加齢による新陳代謝の低下や、女性、肥満の人、O脚の人、若い頃スポーツを続けていた人はふしぶしの違和感を感じやすいと言われています。アメリカやヨーロッパではこの悩みに対し、積極的にふしぶしの栄養をサプリメントなどでしっかりと補っています。その代表が「MSM」なのです。

MSMの鎮静作用と抗炎症作用

MSMの関節痛の緩和作用は、主として臨床的な検討が先行して行われています。

  • 変形性膝関節症患者にMSMを投与し、主症状である疼痛(痛み)に対する緩和作用について、問診により摂取前後の改善効果を判定し、MSM摂取群では4週間で60%、6週間で82%の症状が改善されたとの報告があります。
  • 愛成クリニック(枚方市)平川医師は、小規模ではありますがMSMの鎮痛作用について臨床試験を実施しています(未発表データ)。関節痛に悩んでいる方にニーズMSM(クロレラ工業製)投与し、摂取前後の関節痛の変化を調査した結果、膝の痛みを訴える人、腰の痛みを訴える人、両群ともに約7割の方の関節の痛みが緩和しました。(図1)

MSMの鎮痛作用のメカニズムは明確には解明されておりませんが、前駆物質であるDMSO(ジメチルスルフォン)で調査されています。DMSOは、広範囲にわたり研究が行われ、多くの国々で医薬品として認められております。DMSOの鎮痛作用は、慢性的な痛みの伝達に関与している神経線維のペインインパルス遮断あると考えられ、その効果の主要な要因は、体内にてDMSOの15%がMSMに変換されることから、MSMであると示唆されています。

MSMの抗炎症作用は、以下の実験が実施されています。

  • リウマチ性関節炎の病態モデル動物であるマウスを用いて、MSMの炎症性関節疾患に対する軽減効果について検討した結果、MSM群では関節軟骨の変性は一匹も見られず、滑膜細胞は顕著に減少し、パンヌスの形成はコントロール 群の50%に対し、MSM群では14%という報告

があります。また、延命効果、異常T細胞の増殖抑制と自己抗体価の減少も見られています。

  • カーディナルニュートリション社は、ホワイトイーグル毒物学研究所で、ラット・カラゲナンによって急性炎症を引き起こさせたラットにMSMを経口投与した結果、白血球の流入は300mg/kgで18%、1,000mg/kgで26%に抑制されました。また、炎症に関与するプロスタグラジンE2(PGE2)および腫瘍壊死因子(TNF-α)も減少傾向であったと報告されております。
  • 季節性アレルギー性鼻炎患者にMSMを30日間投与し、その症状が1週間以内に改善されたことを報告があります。また、炎症やアレルギー性鼻炎の症状緩和作用の解明のため、C反応性タンパク質(CRP;炎症・組織破壊・心筋梗塞などで上昇する検査値)を測定した結果、MSMの摂取後に68.1%の人はCTPが減少し、6.4%の人はCRPに変化がなく、23.4%はCRPが増加していました。

以上のように、MSMの抗炎症作用は実験的に認められているのです。

FOOD Style21 2003.11(Vol.7 No.11)

 

エビ・カニ未使用だから、甲殻類アレルギーの方でも安心!

「安心グルコサミン」の原料であるグルコサミンは、エビ・カニを原料とせず発酵製法で 作られていますので、甲殻類アレルギーをお持ちの方でも安心してご飲 用していただけます。また、その他の組み合わせ素材についてもアレルゲン(特定原材料および特定原材料に準ずるもの)を含まない商品です。

表示が義務づけられている特定原材料(えび・かにを含めた7品目)

えび かに
乳製品 小麦 蕎麦 落花生

表示が推奨されている特定原材料に準ずるもの(18品目)

あわび いか いくら オレンジ
キウイフルーツ 牛肉 くるみ さけ
さば 大豆 まつたけ 豚肉
鶏肉 やまいも りんご もも
バナナ ゼラチン

厚生労働省医薬局食品保健部通知

選び抜かれた高品質な成分を豊富に配合

安心グルコサミンに含まれる成分

グルコサミン 体内に存在するアミノ糖の1つです。コンドロイチンと組合わせて摂る事をオススメします。
コンドロイチン 身体の組織を構成している成分の1つです。動きを滑らかにする働きがあります。
ビタミンB群 ビタミンB群はバランスが命。単独で使用するよりも、他のビタミンB群やビタミンCと組み合わせて摂る事をオススメします。
マンガン アマンガンは、食べ物の中のたんぱく質・脂質・糖質の代謝に働く多くの酵素の成分であり、エネルギーづくりに働いています。
亜鉛 亜鉛は現代人に微量でも欠かせない必須ミネラルです。美容や健康に必要な栄養素を摂りたい方に

主要分配合量/15粒(4.5g)当たり

グルコサミン 1500mg メチルスルフォニルメタン(MSM) 300mg
クルクミン 20mg サメ軟骨粉末(コンドロイチン含有) 1200mg

主要分配合量/15粒(4.5g)当たり

エネルギー 18kcal ナトリウム 17mg ビタミンB2 1.5mg
たんぱく質 0.74g 亜鉛 3.8mg ビタミンB6 2.0mg
脂質 0.14g マンガン 1.0mg ビタミンB12 1.6µg
炭水化物 3.41g ビタミンC 40mg ビタミンB1 1.9mg
1ヶ月分 ¥4,500 税込

 

« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。